1. 空室対策・インターネット無料ならe-Broad|IoTマンション・アパートへ
  2. 最新情報
  3. お役立ち情報
  4. Wi-Fi環境でできることとは?有線LANとの違いについてもあわせて解説

最新情報

Wi-Fi環境でできることとは?有線LANとの違いについてもあわせて解説

自宅やオフィス、アパートやマンションでもWi-Fi環境を整備したいと考えている方も多いと思います。また、有線LANでのネット接続が主流の方にとって、Wi-Fi環境にするとどのようなことができるようになるのかイメージしにくいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、Wi-Fi環境でできることをいくつかご紹介するとともに、有線LANとの違いについて解説していきます。これからの時代でマンション経営にも必需品となるであろうWi-Fiについて、今一度見ていきましょう。

そもそもWi-Fiってどんなもの?

今では当たり前のように使用される言葉であるWi-Fiですが、そもそもどのようなことを意味するのでしょうか。Wi-Fiとは、あらゆる通信機器を無線(ワイヤレス)でネットワークに接続することを目的とした通信規格のことです。より大きな括りとしては無線LAN(電波による無線通信)があり、Wi-Fiはその無線LAN規格の一つに分類されます。日常生活で利用できる無線LANはほぼすべてがWi-Fiなので、世間では無線LANWi-Fiという認識が広がっています。また、無線LANに対してWi-Fiは、世界標準で定められた通信規格なので、Wi-Fi対応の電子機器は基本的に海外でも使用できます。

 

Wi-Fi環境でできること

では、具体的にWi-Fi環境では何ができるのでしょうか。以下に説明していきたいと思います。

 

-スマートフォンやタブレット、ノートパソコンをワイヤレスでインターネットに接続できる

Wi-Fi環境でできることの一つは、お使いの通信機器がWi-Fi対応であれば全てワイヤレスでインターネットに接続できることです。スマートフォンでも電話会社と契約しなくても、Wi-Fi経由ならインターネットを利用できます。さらに、電話会社のデータ通信とは違い、データ通信量の制限がないのがメリットの一つです。Wi-Fi環境があるところでは、通信制限を気にすることなく、動画鑑賞やコンテンツのダウンロード、ネットゲームなどを楽しむことができます。

 

Wi-Fiに対応した複数の機器を接続できる

近年ではスマートスピーカーやゲーム機など、Wi-Fi接続に対応した電子機器が数多く登場しています。ほかにも照明やエアコン空調、冷蔵庫などWi-Fiを経由して操作できる家電製品も販売されはじめており、ヒトとモノをつなぐIoTの時代が到来しようとしています。いろいろな機器をWi-Fi接続できれば、お手持ちのスマートフォンなどで遠隔操作などが可能になり、入居者様の利便性もどんどん向上していくでしょう。

 

-スマートフォンのデータ通信量をおさえられる

スマートフォンによるデータ通信は、ご契約プランによって毎月のデータ容量が限定されています。一方Wi-Fiによるインターネット接続には、データ通信量の限度量や制限などはありません。よって、スマートフォンでのデータ通信量を節約する目的で、Wi-Fiを利用する方も多くいます。自宅でデータ通信量を気にせず利用したい人にとって、Wi-Fi環境はなくてはならないものです。

 

-ゲームのオンライン接続ができる

家庭用ゲーム機やパソコン、スマートフォンを利用して自宅でゲームを楽しむ方が増えています。個人で完結するゲームもありますが、今の主流はネットを経由したオンライン対戦に対応したものが人気を博しています。そのゲームのネット接続でよく利用されるのが、Wi-Fiによる接続です。光ファイバー回線によるWi-Fi接続なら、通信速度や安定性なども従来の「ADSL」や「CATV」と比べると改善されているので、快適なネット環境でオンラインゲームを楽しむことができます。

 

Wi-Fi と有線LANの違い

Wi-Fiは無線LANの一種で、有線LANとは違う特徴があります。

 

まず一つ目は、設置性です。Wi-Fiルーターからの電波が届く範囲ならどこでもインターネットを利用できます。特にe-Broad光マンションのWi-Fiプランなら、Wi-Fiルーターを壁に埋め込むことができるので、入居者様がご自身でルーターを用意する必要がありません。一方、有線LANはケーブルによる接続になるので、ケーブルの届く範囲にしか機器を設置できません。長いケーブルを利用するという手段もありますが、ケーブルが絡まらないようにするといった手間がかかります。

 

2つ目の違いは、通信の速度と安定性です。有線LANLANケーブルを使用し物理的にインターネットと通信機器を接続するので通信が安定しています。

 

3つ目の違いは、接続設定です。Wi-Fiでは基本的に初回の暗号キー入力が済めば、後は自動で接続してくれます。一方、有線LANでは通信する際はケーブル接続が必要となり、ケーブルが抜けてしまうとネット接続はできません。

また、対応している機器についても変化してきています。有線LAN接続と比較するとWi-Fi接続に対応した機器の方が圧倒的に数も種類も多くなっています。これからはワイヤレスでの接続が主流となっていくことが考えられるので、Wi-Fi接続に対応した機器がどんどん増えていくと予想できます。

 

まとめ

今回は、Wi-Fi環境でできることや有線LANとの違いについてご紹介しました。Wi-Fiは、カフェや店舗で無料スポットが導入されているなど、生活の一部となりつつあります。マンションのWi-Fi環境を整えてあげることは、入居者のニーズに対応した効果的な空室対策です。上手にWi-Fi設備の導入を活用して、入居者満足度を高め、競合物件との差別化を図っていきたいところです。

私たちイーブロードでは、アパート・マンションにおけるインターネット環境の整備やIoT化の事業を展開しております。提案から導入工事、プロバイダサービス、テクニカル、カスタマーサポートなど一元管理しておりますので、インターネットに関することならまとめてお任せいただけます。全て自社管理にて、導入物件に高いコストパフォーマンスをご提供いたします。「アパートやマンションでWi-Fi環境を導入したい」など、インターネットやIoTに関してご興味をお持ちの方は、イーブロードまでお気軽にお問い合わせください。