1. 空室対策・インターネット無料ならe-Broad|IoTマンション・アパートへ
  2. 最新情報
  3. お役立ち情報
  4. アパート経営にお困りのオーナー様必見!効果的な6つの空室対策をご紹介します

最新情報

アパート経営にお困りのオーナー様必見!効果的な6つの空室対策をご紹介します

アパート経営において、空室対策に頭を悩ませているオーナー様もいらっしゃるかと思います。空室対策にかかる費用や手間を考えつつ、効果的な空室対策を行いたいですよね。

今回は、アパート経営において効果的な6つの空室対策をご紹介します。ご自身の物件のターゲットと照らし合わせながら、有効と思われる空室対策を参考にしてください。

■アパートで効果的な6つの空室対策とは

さっそく、アパート経営で効果的と思われる空室対策を6つご紹介します。順番に見ていきましょう。

 

-無料インターネットを導入する

無料インターネットの導入は空室対策として非常に効果的な施策だと言われています。全国賃貸住宅新聞が毎年発表している「入居者に人気の設備ランキングTOP10」では、4年連続で「インターネット無料」が1位という結果が出ています。単身者向け・ファミリー向けの両方で抜群の人気を誇る設備です。

無料インターネットを導入することは家賃や管理費を引き上げる理由にもなるので、費用対効果がとても高い対策だと言えます。

 

-セキュリティを強化する

セキュリティを強化することにより、女性の単身者やファミリーといった防犯意識の高い層も取り込めます。セキュリティの強化には、防犯カメラやモニター付きイヤホンの設置、ピッキングの心配が少ないディンプルキーへの変更といった対策が挙げられます。また、近年話題のIoTを活用したセキュリティ対策を導入すれば、アパートの評判や価値が高くなり、新たな入居者の獲得や既存入居者の契約更新へとつなげられるでしょう。

 

-入居条件を緩和する

単身高齢者や外国人を受け入れるといった入居条件を緩和することも、空室対策には効果的です。現状として、単身高齢者の入居需要は増加していますが、オーナー側の受け入れは少なくなっています。単身高齢者の受け入れを認めることは、今後の日本にとって必要なことだと言われています。

ただし、単身高齢者には「家賃滞納」や「孤独死」といったリスクがあることを忘れてはいけません。契約者を息子や娘にしたり、定期的な見回りを行ったりするなどしてリスクを回避することも、念頭に置いておく必要があります。また、入居者自体の条件を緩和する以外に、ペットや事務所利用、ルームシェアを可能にするといった使用条件の緩和も空室対策には効果的です。

 

-リノベーションする

立地条件があまりよくない物件や築年数が長い物件の場合は、思い切ってリノベーションすることも効果的です。リノベーションでは間取りやデザインなどもある程度自由に変更できるので、単身者向けからファミリー層向けにターゲットを変更する際にも有効となるでしょう。追い焚きや浴室乾燥などのユニットバスを取り付けたり、キッチンをオール電化にしたりするなどのリノベーションをすれば、物件検索にも引っかかりやすくなります。ただし、リノベーションにはまとまった予算と期間が必要です。予算内でできることや工期がどれくらいかかるのかなど、管理会社や施工業者と事前にしっかりと打ち合わせしておくことが大切です。

 

-フリーレント期間をつける

入居者に対して数ヶ月間賃料を無料にして貸出するフリーレント期間をつけることも、空室対策には効果的です。とくに空室対策として家賃の値下げを考えている場合は、まずはフリーレントを先に検討することをオススメします。

フリーレントでは、家賃を下げずに募集をかけられるので、今の入居者と同額の家賃で入居させられます。今の入居者より値下げした家賃で募集していると、それを見た入居者から値下げ交渉を受けるかもしれません。フリーレントでは形式上家賃はそのままなので、既存入居者の家賃を減額するといったリスクは抑えられます。

 

-入居者の負担する費用を減らす

敷金や礼金、更新料などの入居者が負担する費用を減らすことは、直接的に入居者にとって魅力に感じるので空室対策となるでしょう。とくに、敷金と礼金を無料にすることは入居者にとっては大きなインパクトとなり、引越しにかかる費用を抑えられるという印象を与えられます。ただし、敷金は滞納家賃の補填や退去時の原状回復費用という目的もあるため、無料にすることはできるだけ避けたほうが無難でしょう。また、入居者の負担する費用を減らすためという目的で、家賃を減額することは最終手段として捉えておきましょう。家賃を減額する前に、礼金、更新料などをまずは検討してください。

 

以上が、アパート経営の空室対策として効果的な施策です。中でもフリーレント期間をつけたり、入居者の負担する費用を減らしたりするといった対策は、オーナー様の収益を減らしてしまうことに直結する対策です。収益を減らすことはなるべく避けるべきなので、物件の価値を高める設備投資として、無料インターネットの導入やセキュリティの強化といった対策からはじめてみることをオススメしています。

 

■アパートに無料インターネットを導入するならe-Broad

e-Broadでは、アパートのオーナー様に向けて、無料インターネットの導入や遠隔操作可能な防犯カメラシステム、家電のIoT化設備を提供しております。

光回線・プロバイダー・宅内工事・アフターフォローとすべて一元管理しておりますので、オーナー様への負担を最小限に、無料インターネットの導入が可能です。また、イーブロードの防犯カメラをネットと一緒にアパートへ導入いただけると、イーブロードの回線を利用して、ご自宅にいても物件の状況が確認できるネットワーク防犯カメラシステムを構築できます。お手持ちのパソコンやスマートフォンで、外出先でも防犯カメラの映像を監視・録画・保存が可能です。

さらに防犯カメラは立地環境や撮影範囲に応じて、さまざまな機種を取りそろえております。空室対策でお困りのオーナー様は、入居候補者に人気の無料インターネットや、IoT化設備、ネットワーク防犯カメラを、ご自身のアパートへ導入することを検討してみてはいかがでしょうか。

 

■まとめ

アパート経営における空室対策は、時代とともに変化していきます。今やインターネット環境は当たり前の時代であり、無料インターネットの導入は時代の流れに沿った対策であると言えるでしょう。

アパートへのインターネットの導入でお困りのオーナー様は、ぜひe-Broadまでお気軽にご相談ください。オーナー様のご意向を第一に、最適な導入プランを提案いたします。