1. 空室対策・インターネット無料ならe-Broad|IoTマンション・アパートへ
  2. 最新情報
  3. お役立ち情報
  4. 【お役立ち情報】もうすぐ夏休み!IoTマンションで出来る夏休みの防犯対策(2020.07.21)

最新情報

【お役立ち情報】もうすぐ夏休み!IoTマンションで出来る夏休みの防犯対策(2020.07.21)

今年も、もうすぐ夏休みがやってきます。夏休みには、家族や友達と旅行に行ったり、実家に帰省したりと長期にわたって不在にする世帯が多くなります。そんな時期に気を付けたいのが、不在時の防犯対策です。

万が一、空き巣の被害が発生するようなことがあれば、狙われた部屋の入居者だけでなく同じマンションに入居している人たちも不安に感じてしまうでしょう。

今回は、IoTマンションならではの防犯対策についてご紹介します。

夏休みは空き巣に注意!

長期不在時は、空き巣にとって絶好のチャンス

夏は、年末と並んで空き巣が多発するシーズンです。

警察庁が発表しているデータによると、建物に侵入して金品を盗む侵入窃盗の件数は、平成15年から減少傾向が続いているとのことです。

しかしながら、令和元年の侵入窃盗の認知件数は、57,808件であり、このうち住宅に侵入して窃盗を犯した件数は約半数に該当する28,936件となっています。

減少傾向にはあるというものの、1日あたり79軒程度の住宅が窃盗被害にあっていることとなり、時間にすれば18分に1軒のペースで泥棒が住宅に侵入していることとなります。

そして、侵入窃盗の手口の約1/3が不在時を狙って侵入する、空き巣となっています。

この侵入窃盗の手口の割合は、事務所荒らしや出店荒らしなど事務所や商店の侵入窃盗の被害も含めたデータとなっているため、一般住宅を対象にしたものであれば、空き巣の割合はより高くなると考えられます。

参考:警視庁「住まいる防犯110番」

空き巣に狙われやすい状況とは

侵入窃盗手口の1/3が入居者様が不在にしている時間帯を確認して窃盗に入る空き巣です。

空き巣は事前に侵入する家の下調べをしていることが多く、外から窓を眺めて、日が暮れる時間帯になっても電気がつかない住宅をターゲットに定めるのです。

暗くなっても明かりが灯らないということは、不在である可能性が高いからです。

 

IoTマンションでできる防犯対策

不在であることを見抜かれないことが大切

泥棒は入居者不在のタイミングを狙って侵入する傾向が強いことから、長期不在時にも不在であることを見抜かれないようにすることが大切です。

郵便受けに新聞や郵便物がたまった状態では、留守であることが一目でわかってしまいます。

そして、暗くなっても明かりがつかない部屋、生活音が聞こえてこない部屋も不在であることを疑われる一因となります。

遠隔操作で照明やテレビをオン

一日だけの不在であれば、在宅を装うために照明をつけっぱなしにしたり、家電のタイマー機能を使ったりして対応できることもありますが、数日にわたって不在にする場合には、日中もずっと照明をつけておくわけにはいきません。

イーブロードが提供するIoTマンションサービス「e-Broad with IoT」では、赤外線リモコンで操作が可能な電化製品であれば、入居者のスマートフォンを介して遠隔操作をすることができます。

そのため、夏休みで不在にしている間も暗くなったタイミングでリビングの照明をオンにして、就寝時間頃には照明をオフにしたり、テレビやオーディオをオンにして音声が聞こえるようにしたりすることができ、外から見ればあたかも部屋の中に人がいるような状態を作り上げ、泥棒の目を欺くことができます。

 

IoTマンションを実現するには

既存のマンションを手軽にIoT化する方法

IoTマンションやスマートマンションなど、最新の技術であるIoTを活用した住まいは、新築のマンションに限ったものではありません。

既存の建物であっても、各部屋に設置される家電をIoT化する方法であれば、手軽にIoTマンションに変貌させることができます。

この方法であれば、大掛かりな改修工事等は必要ないため、オーナー様の費用負担も少なく、短い工期でIoTマンションとしての機能を取り入れることができます。

e-Broad光マンション with IoT」について

イーブロードでは、全戸一括契約型インターネットサービスである「e-Broad光マンションWi-Fiプラン」を新規にご導入いただいたマンションの全戸に無料で家電のIoT化を実現できる「eリモコン」を貸与しています。

入居者は、スマートフォンにeリモコンアプリをダウンロードするだけで、お持ちの赤外線リモコンで動作する家電を、スマホ操作可能なIoT家電として使用することができるようになります。

必要となる工事は、共用部への光ファイバー回線の引き込みと各戸のネット・Wi-Fi設備設置工事のみで、IoTサービスのご利用には工事の必要がありません。

 

IoTマンションの快適さは、入居者の住み心地の良さに

安心して暮らせるマンションは、入居者にとって落ち着いて生活できる、住み心地のいい部屋となります。

今ある家電をIoT化するサービスは、入居者様に新たな家電の購入などの負担をかけずに、より便利な毎日の生活を提供するとともに、長期不在時の防犯対策としても利用していただくことができます。

快適、かつ便利で安心な生活は、入居者様のマンションに対する満足度を高めることとなり、マンションの評判を高めることにもつながります。

 

今回は、IoTマンションで実現できることの一つとして、夏休みの防犯対策についてご紹介しました。

IoTマンションについてご関心・ご不明点がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

ご質問・お問合せはこちら