1. 空室対策・インターネット無料ならe-Broad|IoTマンション・アパートへ
  2. 最新情報
  3. お役立ち情報
  4. 【お役立ち情報】ネット無料は必須の時代に?導入が進むオンライン予約(2020.7.29)

最新情報

【お役立ち情報】ネット無料は必須の時代に?導入が進むオンライン予約(2020.7.29)

新型コロナウイルスが猛威を振るい、20204月、政府から緊急事態宣言が発出されました。

無症状の感染者も多く、まだ治療薬や治療法が確立されていない新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるために、一人一人が生活様式を見直し、自分や周りの人たちをコロナウイルスから守るための行動が求められていますよね。

新型コロナウイルス対策として、日常のあらゆるシーンにおいて接触を避けるためのオンラインの利用が促進されており、その一つとしてオンライン予約の導入も進められています。

新しい生活様式とオンライン予約

新しい生活様式とは

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためには、これまでの行動様式を見直し、感染をしない・させないための生活スタイルに変更することが大切であるとし、厚生労働省は20205月に「新しい生活様式」の実践例を公表しました。

具体的には、三蜜と呼ばれる密閉・密集・密接を避ける、こまめな手洗い・手指消毒、マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保など、基本的な生活様式の例が示されています。

また、買い物では対面を避ける通信販売の利用、電子決済の利用、働き方の新しいスタイルとしてテレワーク、会議や名刺交換はオンラインで行うことなど、オンラインを利用する生活スタイルが推奨されています。

参考:「厚生労働省」<「新しい生活様式」の実践例>

導入が進むオンライン予約

新たな生活様式に対応する形で、人の密集を防いでソーシャルディスタンスを確保するため、オンライン予約の導入も進んでいます。

病院やクリニックでは、これまでも待合室での混雑を防ぐため、オンライン予約を導入しているところがありましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点からさらにオンライン予約制度を導入する医療機関は増えていくと考えられています。

また、美術館や博物館などでも、オンライン予約の導入を開始した施設があります。

企画展示中であれば、都合の良いタイミングで入場することのできた従来の前売り券とは異なり、オンラインでのチケット予約では日付と時間を指定し、一度に館内に入れる人数を制限したものとなっています。

また、イベントやセミナーなどの入場予約、飲食店のテイクアウトのオンライン予約、宅配便の対面受け取りを避ける置き配の日時指定予約など、さまざまなシーンにおいて接触機会や密集を避けるオンライン予約システムが採用されはじめています。

 

オンライン予約のメリット

人の密集・接触を避けることができる

予約のない状況では、いつ、どのくらいの人が来るのかを予想するのは難しく、場合によってはソーシャルディスタンスを確保するのが困難な状況になり、人が密集、密接してしまう可能性があります。

オンラインを通じて予約をすることのメリットは、日時を決めて予約を取るため、人数の制限をすることができ、混雑や行列などの密集を避けることができる点にあります。

オンライン決済で現金の受け渡しを回避

また、オンライン予約でチケットを購入する際には、ほとんどの場合、その料金の支払い方法にはオンライン決済が用いられています。

チケットを窓口で購入する場合には、係員の人は多くの人と現金を介して接触しなければなりません。

しかし、オンライン決済で事前に料金の支払いが済ませてあれば、窓口で現金の受け渡しを行わないため、係の人も利用者も接触機会を減らすことができます。

 

ますますニーズの高まるネット無料環境

様々なシーンで導入されるオンライン予約

オンライン予約は、新型コロナウイルスの感染防止の面だけでなく、利用者にとっては待ち時間を減らすことができ、施設側にとっては訪れる人数の管理がしやすいといったメリットがあります。

また、利用者は電話での予約と異なり、深夜や早朝でも予約ができること、施設側は予約受付のために人員を増やす必要がないといった利便性の面でも双方にメリットがあり、今後ますますオンライン予約システムを導入する施設やサービスは増えると考えられています。

 仕事、学習、レジャーにもオンライン

新しい生活様式の実践例として示されたように、テレワークやオンライン会議、オンラインでの名刺交換など、仕事を進めるうえでもインターネット通信は欠かせないものとなっています。

学習面においてもオンラインを利用した学習方式が進んでおり、さらにはレジャー面でのイベントのオンライン予約、オンライン決済など、あらゆる面においてインターネットが必要とされています。

新しい生活様式では、ネット無料環境が必須に

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための新しい生活様式では、人との接触を減らすことのできるインターネットの通信機器と通信環境は必要不可欠なものとなりつつあります。

学生の単身世帯においても、共働き世帯や子育て世帯においても、世代を問わずインターネット通信が必要となっています。

したがって、生活に欠かせないインターネットを無料で利用できるネット無料物件は、これまで以上に入居者からのニーズが高まるものと考えられます。

 

イーブロードならアフターフォローも安心

イーブロードでは、建物に合ったインターネット回線の施工方法やオーナー様のお考えに沿うサービスをご提案しております。

ご契約から光ファイバー回線の引き込み・宅内工事、アフターサポートまで、イーブロードがワンストップで対応しております。

ですので、ネット無料設備をご導入いただいた後に入居者様からインターネットに関するお問い合わせがあった場合も、全てイーブロードが対応いたします。

インターネットにはあまり詳しくないからと導入に不安を感じるオーナー様にも、安心してご導入いただいております。

ネット無料設備の導入をご検討の際には、ぜひイーブロードまでお気軽にお問い合わせください。

ご質問・お問合せはこちら