1. 空室対策・インターネット無料ならe-Broad|IoTマンション・アパートへ
  2. 最新情報
  3. お役立ち情報
  4. 【お役立ち情報】ネット無料は、ネットだけでなくスマホ料金も節約できる(2020.8.26)

最新情報

【お役立ち情報】ネット無料は、ネットだけでなくスマホ料金も節約できる(2020.8.26)

 

賃貸物件では、入居者がインターネットを無料で利用できるネット無料設備を導入しているところが増えています。

現在では、学生や若い世代の人たちはもちろん、ファミリー世帯や高齢世帯でもインターネットの利用率は高くなっており、ネット無料はインターネット料金を節約することができるため、入居者に人気の設備です。さらに、ネット無料設備では、インターネット料金だけでなくスマートフォンの料金も節約することができます。

今回は、スマホ料金の節約の仕組みとネット無料の関係について、ご紹介します。

スマホ料金を節約するためには

スマホの料金設定

現在、スマートフォンは携帯電話大手3社と言われる携帯キャリアの他に、格安な料金で利用できるスマートフォンを提供するいわゆる格安スマホを扱うさまざまな会社が参入しています。

スマホは携帯電話の1つではあるものの、スマホ利用者の多くは通話をするよりもSNSやインターネットなどの機能をメインに使うことが多くなっています。ガラケーと呼ばれる電話がメインの携帯電話の時代には、携帯料金のプランは、通話時間が長くなるほど料金が高くなるようなプランが設定されていました。

一方で通話することが少なくなった現在のスマホ料金プランは、通信するデータ容量の大きさによって決められていることがほとんどです。

 

スマホ料金の節約のためには

スマホの料金プランは、携帯会社によって多少の違いはあるものの、通信するデータ容量が大きいプランほど料金が高くなるような設定がされています。したがって、使用データ容量の少ないプランで契約すると、月々のスマホ料金を抑えることが可能です。

しかし、通信容量に限りがあるため、契約した容量をオーバーしてしまうと通信速度に制限がかけられ、データ通信に時間がかかるようになってしまいます。

追加料金を支払うことで、速度制限を解除することができますが、通信容量がオーバーするごとに追加料金を支払うこととなるため、これでは安い料金のプランで契約してもスマホ料金の節約にはなりません。

この問題を解決する手段として、自宅にWi-Fiルーターを設置し、自宅にいる間はWi-Fi経由でスマホから光ファイバーなどの固定回線でインターネットを利用する方法があります。

 

入居者側から見たネット無料賃貸のメリット

インターネット(固定回線)料金+スマホ料金の節約

賃貸物件にネット無料設備が導入されていれば、入居者はインターネット導入時の工事費や月々の回線使用料を支払う必要がなく、インターネットに関する費用の節約につながります。また、Wi-Fiルーターを購入して部屋の中でWi-Fiを使えるようにすれば、自宅にいる間はスマホのデータ通信容量を消費せずに、スマホでインターネットを利用することが可能です。

そのため、ネット無料物件であれば、スマホ代は月額費用が安い(通信容量の少ない)プランに変更しても自宅でWi-Fiに切り替える習慣をつければ、スマホからの通信容量を節約できます。

 

入居後すぐにインターネットが使えて、違約金の心配も不要

インターネットを自分で契約する物件の場合、インターネットプロバイダーを自分で選び、工事の手配から始めなければなりません。そのため、引っ越し当日に回線工事を行うことは難しく、ほとんどのケースにおいて、入居後すぐに部屋のインターネットを使えることはありません。

また、インターネット回線の契約は、契約期間が定められていることが多く、契約期間を待たずに解約する場合には、違約金が発生してしまいます。一方、ネット無料の物件であれば、工事の手配等の煩わしい手間を省くことができ、入居したその日からインターネットを利用することができます。加えて、転勤等で急な引っ越しが発生してしまう場合であっても、違約金を支払う必要もありません。

 

一歩先行く入居者設備なら、Wi-Fi無料

ネット無料賃貸は、入居を決める判断材料の1つに

ネット無料の設備は、入居者に人気の設備であり、導入を進める賃貸物件が増えています。

入居者が賃貸物件を探す際に利用するポータルサイトでも、物件検索の条件にネット無料設備の有無をチェックする欄が設けられているほど、ネット無料設備は入居を判断するうえでの大切な物件選びの指標の1つとなっています。

 

ネット無料にWi-Fi無料をプラスして、他物件との差別化を

ネット無料物件では、固定インターネット回線の費用は無料となっても、無線で利用できるWi-Fiを使用するためには、入居者がWi-Fiルーターを用意する必要があります。

しかし、ネット無料だけでなくWi-Fi無料の設備も導入された物件であれば、入居者は何も準備せずとも入居したその日から、パソコンだけでなくスマホやタブレットもWi-Fiに接続して通信を行うことができます。

Wi-Fi無料の賃貸物件は、Wi-Fi無しのネット無料物件に比べて、まだそれほど多くはありません。

これだけスマホのユーザーが増えている現在、スマホ料金の節約もできるWi-Fi無料の物件は、入居者にとってより魅力的な物件となることは間違いないと言えるのではないでしょうか。

 

情報コンセント1つでWi-Fi環境が整う部屋に

イーブロードでは、入居者無料のインターネット設備「イーブロード光マンション」に加え、パソコンでもスマホでも無料でインターネットが使えるWi-Fi設備「イーブロード光マンション+Wi-Fi」プランの提案を行っています。

イーブロード光マンションのWi-Fiセットプランでは、情報コンセントと一体型で壁に埋め込むタイプのWi-Fiルーターを導入しているため、部屋に一切機器を設置する必要はありません。そのため、お部屋の美観を損ねずに、すっきりとした室内を保つことができます。

詳しくはこちら➡e-Broad光マンション Wi-Fi

導入までのフローや料金等、詳しくはお気軽にお問い合わせください。

導入のご相談・お問合せはこちら