レコーダー閲覧手順の変更について

Microsoft社によるInternet Explorerブラウザの廃止について

お使いのレコーダーの閲覧に必要となる、Internet Explorerブラウザのサポートが終了致します。

Internet Explorer 11 | Microsoft Docs (外部サイトに接続します)

Windows10においては2022年6月15日より順次Internet Explorerがご利用になれなくなります。また、Windows11においては最初からInternet Explorerがご利用頂けません。

下記対策をご確認のうえ、閲覧方法のご変更をお願い致します。

なお、スマートフォンアプリを使用しての閲覧には、影響ございません。

レコーダー別対策方法

機種ごとに手順に異なる部分がございますので、お使いのレコーダーの画面をご確認下さい。画面は4チャンネルを例としていますが、多チャンネルタイプも同じです。

アナログ初期型

申し訳ございませんが、弊社から公式に案内できる対策はございません。

他機種で案内しているRecorderViewerは、この機種では動作致しません。

最新機種への有償アップグレードについては、弊社担当営業までご相談下さい。

アナログ後期型

対策アプリをご用意しております。以下からダウンロードしてご利用下さい。

RecorderViewer ダウンロード

ダウンロードフォルダ ダウンロードしたRecorderViewerアプリは、そのまま実行可能です。

ダウンロードや実行の際に警告が出た場合は、こちらをご確認下さい。

アプリ初期画面 起動画面でレコーダーのインターネットアドレスを入力し、接続ボタンを押します。

ユーザー名・パスワードの入力 ブラウザ同様、ユーザー名とパスワードを要求してきますので、ご入力下さい。このとき「資格情報を記憶する」にチェックを入れておけば、次回からパスワードの入力が省略できます。

初回のみ、ActiveXのインストールが始まりますが、ActiveXの設計が古いため、インストーラーが途中でフリーズします。インストール自体は進んでいますので、30秒程度お待ちのうえ、アプリをいったん強制終了して下さい。

このときアプリはActiveXインストーラーのフリーズに影響を受けており、通常の方法では終了できなくなっています。強制終了が必要ですので、パソコンを再起動するか、「タスクマネージャ」を使用して終了します。

タスクマネージャの起動 タスクマネージャから強制終了する場合、キーボードよりCtrlShiftを押しながらEscキーを押すことで、タスクマネージャを起動します。

タスクマネージャでアプリを終了 表示されたアプリ一覧から、RecorderViewerを選択し、終了します。

レコーダービューワーの再起動 再度RecorderViewerアプリを起動し、接続ボタンを押せば従来通りご利用頂けます。


AHDタイプ(1)

ブラウザに依存しない専用アプリが、レコーダーからダウンロード可能です。

iWatchDVRのダウンロード お使いのブラウザでレコーダーの初期画面を開くと、上から2段目に"iWatch DVR for Windows XP/Vista/7/8"というリンクがございますので、ここから専用アプリがダウンロードできます。

iWatchDVRの起動画面 ダウンロードした"iWatchDVR"アプリを起動し、必要事項をご入力下さい。

Host
レコーダーのインターネットアドレスの、IPアドレス部です。
例)"http://203.0.113.1:60006" → 203.0.113.1
Port
レコーダーのインターネットアドレスの、ポート番号です。
例)"http://203.0.113.1:60006" → 60006
User
レコーダーのログイン情報の、ユーザー名です。
Password
レコーダーのログイン情報の、パスワードです。

必要事項を入力の上Connectボタンを押せば、従来通りご利用頂けます。

AHDタイプ(2)

対策アプリをご用意しております。以下からダウンロードしてご利用下さい。

RecorderViewer ダウンロード

ダウンロードフォルダ ダウンロードしたRecorderViewerアプリは、そのまま実行可能です。

ダウンロードや実行の際に警告が出た場合は、こちらをご確認下さい。

アプリ初期画面 起動画面でレコーダーのインターネットアドレスを入力し、接続ボタンを押します。

ユーザー名・パスワードの入力 ブラウザ同様、ユーザー名とパスワードを要求してきますので、ご入力下さい。

初回のみ、自動でActiveXのインストールが始まります。

ActiveXのダウンロード もしActiveXのインストールが自動で開始しない場合、お使いのブラウザでレコーダーにアクセスすればActiveXのインストーラーがダウンロード可能です。ダウンロードのうえ、実行して下さい。

レコーダービューワー ActiveXのインストール後は、従来通りご利用頂けます。


RecorderViewer補足説明

ダウンロードの際に警告が出た場合

ダウンロード警告 お使いの環境によっては、ダウンロードの際に警告が表示されます。

RecorderViewerアプリは当社で制作し、安全を確認しております。安心してご利用下さい。

ダウンロードがブロックされた場合、ブラウザの画面案内に従ってファイルの保存を行って下さい。以下はMicrosoft Edgeブラウザを例として説明致します。

3点ボタン - 保存 メッセージ横の3点ボタンをクリックし、表示されたメニューから「保存」をクリックします。

警告メッセージ - 詳細表示 表示された警告メッセージから、「詳細表示」をクリックします。

保持する 表示された選択肢から「保持する」をクリックします。これで正しくダウンロードが完了します。

ダウンロードフォルダを確認する ダウンロードフォルダを開いて、RecorderViewerアプリが保存されているのを確認します。


実行の際に警告が出た場合

実行警告 お使いの環境によっては、ダウンロードしたRecorderViewerアプリを実行しようとすると、図の警告が表示されます。

プロパティ表示 ダウンロードしたRecorderViewerアプリを右クリックし、プロパティを表示します。

プロパティでセキュリティを許可に プロパティ画面下部の「セキュリティ」で「許可する」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。 これでRecorderViewerアプリがご利用いただけるようになります。


設定の保存について

RecorderViewerアプリは、起動時に前回使用時の状態を読み込みます。

複数のレコーダーを管理している場合、設定に名前を付けて呼び出すことが可能です。

名称を設定して保存 設定を保存する場合、物件名を入力して保存をクリックします。 すでに同じ物件名の設定がある場合、設定が上書きされます。

ドロップダウンから選択 保存した設定は、一覧から選択することで呼び出せます。

一覧は自動で並べ替えられます。並び順を指定したい場合、物件名の前に数字を入力しておきます。

選択肢から除去 保存済みの設定を削除する場合、設定を選択して削除ボタンを押します。


×

ソフトウェア利用許諾契約について

RecorderViewerアプリは、弊社とご利用契約を頂いている指定機種のレコーダー利用に限り無料でご利用頂けます。

RecorderViewerアプリをご利用頂く場合、以下の利用許諾契約書にご承諾頂けたものと見なされます。ご同意頂けない場合、使用を中止してお使いのコンピューターシステムからRecorderViewerアプリを削除して下さい。

このソフトウェア利用許諾契約は、RecorderViewerアプリにのみ適用されます。インターネット接続契約やレコーダー設置契約については、お手元のご契約書をご確認下さい。

利用許諾契約に同意してダウンロード